ベトナムと日本を繋ぐ『CAMON.TOKYO』公式ブログ

ハードルは低めに設定!?「ごめんなさい」と言われたらラッキーです?

最近のコメント

    camon.tokyo
    こんにちは、Halcaです。

    ベトナム在住者で多くの人がストレスに感じていることが「ベトナム人が謝らない」という事です。ただ謝らないだけであれば、もともと日本人が謝り過ぎというところがあるだけで、他の国々の人も結構謝らないのですが、ベトナム人の場合、「謝らないどころか逆キレしてくる」という事があります。

     

    ケースその①タクシーが道を間違える

    日本の場合では、道を間違えたらその分値引きしてもらえたりするかと思うのですが、ベトナムの場合「道間違えようが何しようがメーターの金額払え!」と言ってくるドライバーもいます。道間違ったのだから、その分安くする。という考えの人は少ないです。もともとベトナムのタクシー代は安いので、自分がきちんと指示できなかった勉強代と割り切って払うか、自分が怒るとなぜだか相手も怒り出すのがベトナム人の癖の様なので、笑顔で「間違ったよね?これね」と言ってメーターの金額より少額を渡し、有無を言わさず笑顔で「ありがとう!」と言うと案外乗り切れます。

     

    謝られたり、向こうから安い金額を言われたらラッキーと思う!

    上記の通り、道を間違っても謝らない。値引きしないところがあるので、それを普通と思っていると謝られたり、安くしてもらえた時にとってもハッピーになりますよ!

     

     

    ケースその②タクシーのお釣り

    ベトナムで1番小さい単位のお札は、1,000VND(≒5.4円 2015年11月現在)なのですが、日本のドライバーさんの様にお釣りをしっかり用意していないドライバーも多く、また1,000VNDや2,000VND程度ならお釣りを渡さなくてもOKみたいな風習があり、「お釣り(1,000VND)は?」と聞くと持っているお札を見せてきて「お釣り無いだろ!無かったら渡せないだろ!」みたいな逆にキレてこられたりします。

    タクシーを利用する人はお金を持っている人が多く、小さい単位のお釣りは目をつぶる人も多くて、何処か「お釣りを渡さなくても当たり前」みたいなドライバーが多いので、そちらを『普通』なんだくらいに思って、いた方が良いです。絶対にお釣りがほしい場合にはこちらが小さい単位のお金を用意しておきましょう。

     

    お釣りを準備してもらえたらラッキーと思う!

    「お釣りが無いからお金返すね」とか「お釣りが無くて両替してくるから待っててね」というドライバーさんがいたら、それを当たり前に思わず「お釣り返してもらえるんだ!」と思うとストレスが減ります。

     

    徐々に改善されつつある

    ベトナムは「発展途上国」であり、日本の様に色々な事がスムーズにいきません。上記のようなちょっと理不尽な事もあります。ただ、私がベトナムに来て2年半、日々恐ろしいスピードで成長しているのを感じます。来たばかりの頃は英語を話せるタクシードライバーは全然いなかったのですが、最近は凄く増えてきています。また、「道を間違えたら謝る」「お釣りをしっかり準備する」という事が出来るドライバーも確実に増えてきました。「日本だったら当然」と思うとストレスになってしまうので、「ここは発展途上国これからの成長を見守ろう!」と大きな気持ちで接してあげて下さい

     

    株式会社CAMON.TOKYO

    ロゴ  fb-art 20151212014211
    にも参加中です!★
    にほんブログ村 海外生活ブログ ベトナム情報へ

     

    by
    宮城県仙台市出身。ベトナム・ハノイ在住歴3年。 ベトナム在住そして、女性だからこそ書ける記事を提供できるよう日々奔走中。自称ハノイ美容マニア。趣味である各国の「民族衣装」撮影時にベストなコンディションで臨めるよう、日々新しい美容方法を試している。