ベトナムと日本を繋ぐ『CAMON.TOKYO』公式ブログ

ベトナム歴2年半、現地採用で働く日本人女性インタビュー

bike
最近のコメント

    camon.tokyo
    第1回、ベトナム在住者さんインタビューは、現地採用で働くWさん(仮名)です。
    ――Wさんのご職業はなんですか?
    ベトナムハノイにある日系の会社で日本人ヘルプデスクをしています。

     

    ――ハノイに来たのはお仕事の関係ですか?
    いえ、ハノイで働いてみたくて仕事を探しました。

     

    ――ハノイで働く為に仕事を探したのですね。ハノイに来ようと思ったキッカケはなんですか?
    私は、ハノイに来る前はオーストラリアに住んでいたのですが、オーストラリアで出会った人達の中に東南アジアの方が多くいて家族を大切にしている姿に惹かれ、東南アジアで働いてみたいと思うようになりました。
    ベトナムを選んだ理由は、オーストラリアでも日本でも「もっと早く産まれていれば景気が良かったのにね!残念だね」とよく言われていて、「だったら、これから上っていく国に行ってやろう!」と思った際に、いろいろ調べていてベトナム、それも季節があるハノイが良いなと思いハノイ1本に絞って就職活動をしました。

     

    ――ハノイに来る前はオーストラリアに住んでいたのですか!?国際的ですね。オーストラリアとベトナムを比べてみていかがですか?
    オーストラリアにはワーキングホリデー制度を利用して2年間暮らしていたので、ベトナムに来る際も特に心配することなく来ました。しかし、オーストラリアとはまた全く違う衝撃もあり、カルチャーショックも色々とありました。
    オーストラリアは良い意味で、個人の意思を尊重してくれるので、無理に食事を勧めてきたりなどはしないのですが、ベトナムは日本以上にお節介のところがあり、お腹がいっぱいでも「食え食え!」と食事を出して来たりします。

     

    ――そうなんですね!ベトナムは日本と同じアジア圏なので、似た文化があるのかもしれないですね。ベトナムに来て困ったことはありましたか?
    私は、オーストラリアで持っていたもののほとんどを処分し、トランク1つでハノイに来ました。それは、ハノイの方が物価が安いのと無理して輸送しても届かなかったり、法外な税金を取られる可能性があると聞いていたからです。
    今となっては、何処で何が売っているのか大体わかるのですが、来たばかりの頃は何処で何を売っているかもどうやって動けば良いのかもわからず、「もっと物を持ってきておけば良かったな」と後悔しました。
    ハノイで初めてスティックのりを発見し、自力で購入出来た感動は今でも忘れられません。

     

    ――日本を経由せず直接オーストラリアから来たのですか!?なかなかつわものですね!職場のベトナム人との関係はどうですか?
    まず来たばかりの頃は、ベトナム人の独特の訛りが入った英語が全く聞き取れず苦労しました。聞き取れない上に相手も私の英語を聞き取ってくれないので、大変でした。
    また英語の読み方と違う読み方を使用しているものもあり、慣れるまでに時間がかかりました。
    例えばSkypeはスカイピー、Facebookはフェイブッと言います。

     

    ――それは大変そうですね。職場では英語を使っているのですね。日本語を話すスタッフはいないのですか?
    はい。私の会社は公用語が英語で日本語を話すスタッフはいません。なので、同僚とは英語で会話しています。

     

    ――そうなんですね!ベトナムの方と働いていて、日本人と違うなと感じるところはありますか?
    まず見切りをつけるのがとても早いと思います。自分に向かないなと感じたらすぐに辞めてしまいます。昔同僚から「日本人は、好きじゃない仕事でも無理して続けると聞いたけどなんで?」と聞かれた事があります。その際に「日本では1つの会社に長く務めることが良いこととされているのですよ」と教えたところ「好きでも無い仕事を続けるなんておかしい!」と言われました。確かにそうですよね。

     

    ――確かに日本では、長く続けた方が良いとされていますね!最後にこれからベトナムで働くことに興味を持っている人たちに一言お願いします。
    最近、ベトナム人は日本人によく似ていて真面目で働き者だという話をよく聞きます。確かに真面目で働き者の人もいますが、日本人と似ているかと言われるとそうではないと思います。ベトナム人にはベトナム人の考えや文化がありますので、柔軟に受け入れる姿勢が大切かと思います。あとは、溜め込まずストレスを発散する事ですかね!(笑)

     

    そう応えてくれたWさんの笑顔にはベトナム人との文化の違いによる壁を何度となく乗り越えてきたであろう強さが垣間見られました。


    にも参加中です!★
    にほんブログ村 海外生活ブログ ベトナム情報へ

    by
    宮城県仙台市出身。ベトナム・ハノイ在住歴3年。 ベトナム在住そして、女性だからこそ書ける記事を提供できるよう日々奔走中。自称ハノイ美容マニア。趣味である各国の「民族衣装」撮影時にベストなコンディションで臨めるよう、日々新しい美容方法を試している。