ベトナムと日本を繋ぐ『CAMON.TOKYO』公式ブログ

ハノイ歴3年・衣さんインタビュー後編「イラストを描く主婦からイラストレーターへ」

最近のコメント

    camon.tokyo
    今回は、ベトナム在住者「衣さん」インタビューの後編です。
    前編は、ハノイ歴3年・衣さんインタビュー前編「現地採用の夫についてきた妻として」をご覧ください。

    ――衣さんがイラストレーターになったキッカケはハノイでブログを始めた事からとお伺いしたのですが、どうしてブログを始めようと思われたんですか?
    理由は2つあって、1つは私自身が情報収集のために、駐妻さん達のブログを読んで色々助かったので、私もローカルな暮らしの情報を共有して誰かの手助けになればと思ったんです。
    もう1つは、私がもともと家族や友人にあまり連絡をしない性格なので、ブログを通して私の現地での生活をわかってもらえたら良いなと思って始めました。
    今となっては、イラストメインの日記代わりであまりハノイの情報は載せていないのですが、それでも楽しんでくれる人達が結構いるので嬉しいです。

     

    ――イラストを描くことは昔から好きだったんですか?
    はい、小さい頃から落書きが好きで、小学校時代には絵画教室にも通っていました。高校と大学でも美術を学んでいたのですが、社会人になってからは絵を描く機会がぐっと減っていました。
    ハノイに来て、情報を共有したいと思ったときに、いつでも写真を撮れる環境にいるわけでは無かったので、面白い事を絵で表現できるように、イラストメインのブログを書くようになりました。

     

    ――イラストを描くことが仕事になったのはいつからですか?
    ブログにイラストをアップするようになってから、ブログを通して友達が出来、ハノイでの交友関係が広がりました。その中で、仲良くなった子に似顔絵のアイコンを描いたのが始まりで、その子が私の絵を高く評価してくれてレストランのチラシやメニューのイラストを描く仕事を紹介してくれたんです。
    それがキッカケで、ハノイにある日本食レストランの看板なども依頼されるようになり、人脈がドンドン広がって今では会ったこともない人からもイラストのオーダーを頂ける様になりました。

     

    ――それは、凄いですね!
    ベトナムで何か始める事は、日本よりずっとハードルが低い気がします。ハノイでイラストを描いている日本人はとても少ないので、競争率が低くチャンスを与えてくれる人が沢山いるので有難いです。

    始めは、仕事としてイラストを描くことにあまり自信がなかったのですが、先述のお友達を中心に勧めてくれる人がいて、頑張ろうと思う事が出来ました。
    ――そうなんですね。

    ハノイでは衣さんの様にビジネスを始める方も多いのですか?
    はい、ハノイでは、奥様が趣味でやっていた事がビジネスになったという話は実は珍しい事ではないんです。
    日本だと時間をつぶす方法が色々とありますが、ハノイでは娯楽も少なく、友達と会う時間も限られているので、1つの趣味を極める時間が沢山あります。

    気付いたらドンドン上達していってプロとしてビジネスを始めるまでになったという人も多いんです。

     

    ――イラストを仕事にする事についてご主人はどうだったんですか?
    イラストを描いていると煮詰まって悶々とする事もあるのですが、主人は、私がイラストを描くことに協力的なのでとても有難いです。

    koromo6

    http://ameblo.jp/koromo46/

    ――素敵な旦那様ですね。

    ハノイに来てから夫婦の絆がより深まったと前回お伺いしましたが、具体的にはどういう感じだったんですか?
    日本に居る時から思っていた事ではあるんですが、ハノイには夫婦ともに勢いだけで来てしまったところがあり、お互い未熟だったなと思います。
    けど、お互い向き合って「今のままじゃダメだよね?ではどうしよう?」と2人で考えをまとめられるようになれて、徐々に夫婦の絆が深まっていきました。
    ハノイでの生活を通して、異文化を自分たちに取り込めるようになり、3年前より考え方がずっと柔軟になってきたと感じます。
    これからも夫婦力を合わせて、異文化を楽しんでいきたいと思っています。

     

    ――そうなんですね!

    最後に一言お願いします。
    では、私と同じ現地採用者の奥様に向けて一言。
    人と比べてしまったり、焦って不安になる時もあると思いますが、駐在員の方と違って使命があってハノイに来ているわけではなく、自分たちで選択してハノイに来た身なので、気張らず頑張りすぎず自分にあった生活スタイルを見つけていってももらえたらと思います。

    それでもどうしても耐えられない時は「いつでも辞められる」「いつでもハノイを去れる」と思って、無理しない事も大切です。
    これからハノイに来る奥様が旦那様と楽しいハノイライフを過ごせることを願っています。

     

    ありがとうございました。
    今回インタビューに応えて頂いた衣さんは、ご主人のベトナムでの契約期間を終え、3月終わりにバンコクへと引っ越されました。

    バンコクでも現地採用者の奥様として新たな経験をされることと思います。
    ベトナムを去る最後の貴重なお時間にインタビューにご協力頂いたことに心から感謝すると共にバンコクでの更なるご活躍をお祈りしております。

    衣さんのバンコクでの活躍をご覧になりたい方は、是非下記アメブロをチェックして下さい。

    ===========☆☆☆☆=============
    衣さん
    アメブロ
    Koromo ya illust
    Koromo ya illust Facebook
    ===========☆☆☆☆=============


    にも参加中です!★
    にほんブログ村 海外生活ブログ ベトナム情報へ

     

    by
    宮城県仙台市出身。ベトナム・ハノイ在住歴3年。 ベトナム在住そして、女性だからこそ書ける記事を提供できるよう日々奔走中。自称ハノイ美容マニア。趣味である各国の「民族衣装」撮影時にベストなコンディションで臨めるよう、日々新しい美容方法を試している。