【日本とベトナムの違い】日本でのごみ分別方法を学ぼう!

camon.tokyo_vn
Bạn có biết làm thế nào để xử lý và tái chế rác ở Nhật không ?[Sắp tới] Bài viết Blog bằng Tiếng Việt

Xin chào、Halcaです。

突然ですが、日本在住ベトナム人の皆さん、ごみの分別はきちんと出来ていますか?

私は、昨年10月末に日本に一時帰国したのですが、その際改めて「日本って公共のごみ箱少ない!!」って思いました。 ごみ箱が少ないのに、街でやたらと色々もらう(主にチラシ)そして、捨てる場所が無くて延々持ち続ける。

・・・でやっとごみ箱見つけた!と思っても、分け方がわからず悩む。
また場所によっては、「こちらで購入したもの以外は捨てないでください」とか書かれている。何処に捨てたら良いんだ!!!となりました。

 

日本とベトナムのごみの捨て方

日本・・・住んでいる場所によって大きく異なるが、大体分別が必要。またごみを出す時間帯・曜日・指定のごみ袋の使用が決まっている事がほとんど。

ベトナム・・・今のところ指定無し。(今後分別をしよう!という動きは出ている)ごみ袋の指定も無し。ごみは路上に捨てるとゴミ収集するスタッフが来て道路を綺麗にしてくれる。(最近ごみをまとめておく場所を指定する動きはある)

 

全く違いますね。更に日本では家具など大きなゴミを出すのには別途お金がかかったりします。

家庭ごみを分別処理するのはなぜでしょうか?
資源の少ない日本です。限られた資源を大切にする気持ちを私たち一人ひとりがもつことにより、再利用できるごみはリサイクル処理して資源を有効活用しようとするためです。捨てればごみ、分別すれば資源。 ごみの分別を生活習慣にしたいですね。

出典:家庭ごみのごみじゃぽん

慣れていないとごみの分別はとても面倒くさいですが、上記の通り日本は資源が少ない国なので、限られた資源を再利用する事がとても大事なんです!

ゴミ・リサイクルは住んでいる地域のルールに従いましょう
ごみ出し
燃えるゴミ、燃えないゴミ、資源ゴミ、粗大ゴミなどに分けることがごみ分別の基本ですが、家庭ごみの分別の仕方は各自治体によって違うのが現状です。これは各自治体のごみ処理方法や施設の違いによるものですから、皆さんの住んでいる地域のルールに従って家庭ごみの分別をする必要があります。間違ったごみ分別をしないために、地域のルールをチェックしておきましょう。
出典:家庭ごみのごみじゃぽん

上記の通り、東京都内の市区町村でもそれぞれルールが異なる為、今回はCAMON.TOKYOがある府中市のご紹介です。

家庭ごみ 府中市のごみの出し方
■家庭ごみ府中市のページ主な内容の紹介

ごみ・リサイクル
家庭ごみの出し方
ごみ・資源は、収集日当日の朝8時までに出してください。

家庭ごみの「燃やすごみ」「燃やさないごみ」「容器包装プラスチック」は、市指定の有料袋に入れて出してください。

最大辺(品物の最も長い1辺)が40センチメートル(電気製品は30センチメートル、棒状のものは80センチメートル)以上のものは粗大ごみになりますので、粗大ごみ申込み取扱場所の窓口で事前にお申込みが必要となります。

雑誌・雑がみ、新聞、段ボール、紙パック、古布・古着、びん、かん、ペットボトル、有害ごみ、ライター・スプレー缶、その他のごみの出し方について掲載しています。

出典:家庭ごみのじゃぽん

 

ごみを燃やすことは法律で禁止されています!

捨て方難しいし、ごみ袋を買うお金も勿体ないから、燃やしちゃおう!と考えてはいけないですよ。日本では、ごみを燃やすことは法律で禁止されています。ごみの分別は最初は大変かもしれませんが、イラストなどで分かりやすく説明してくれている自治体のホームページも多いので、しっかりチェックしてみてください。

 


にも参加中です!★
にほんブログ村 海外生活ブログ ベトナム情報へ

by
宮城県仙台市出身。ベトナム・ハノイ在住歴3年。 ベトナム在住そして、女性だからこそ書ける記事を提供できるよう日々奔走中。自称ハノイ美容マニア。趣味である各国の「民族衣装」撮影時にベストなコンディションで臨めるよう、日々新しい美容方法を試している。
Translate »