【レポート】ベトナムフェスティバル2015イン東北

camon.tokyo

Xin chào!Halcaです。
早いものでCAMON.TOKYOが登記を行ってから3ヵ月!当ブログが開設してから2ヵ月が経ちました。
いつも応援して頂きありがとうございます。
wakana

今回は、CAMON.TOKYO登記後すぐに行われた『ベトナムフェスティバル2015イン東北』についてご紹介します。

halcaパンフレットを持っているのは、筆者のHalcaです。

CAMON.TOKYO登記3ヵ月記念として、CEO吉澤と同じポーズで撮影してみました。
・・・悪ふざけ失礼致しました。

宣伝部員としてベトフェスに参加

昨年、代々木公園で行われた『ベトナムフェスティバル2015』では、CEO吉澤が宣伝部員として参加していました。
吉澤は、「今年もベトナムフェスティバルが行われるなら、 是非スタッフとして参加したい!」と意気込んでおります。
吉澤夫妻

写真からもベトナムフェスティバルへの意欲が伝わってきます。
※CEO吉澤が着ているのは、ベトナムの民族衣装『アオザイ』です。

東北初の『ベトナムフェスティバル』

2015年10月24―25日、宮城県栗原市(イオンスーパーセンター栗原志波姫店 特設会場)で、ベトナムフェスティバル 2015in東北が開催される。
東北地方で初開催となるベトナムフェスティバル 2015in東北は、ベトナム建国70周年で更なる日越友好・日越交流の場として開催するもの。また、東日本大震災以降、ベトナムの多くの人々から温かい支援があり、感謝の絆作りの意味もある。
日越文化交流の祭典として「食」・「伝統芸能」・「音楽」など様々なベトナムを感じることが出来る。

出典: Global News Asia

偶然なのか、呼ばれているのか私の一時帰国を待っていてくれたかのように開催されたベトナムフェスティバル2015in東北です。

ベトナムフェスティバルin東北への行き方

私の地元、『宮城県仙台市』からは、高速バス・電車・新幹線で行く事が出来る『イオンスーパーセンター栗原志波姫店』。仙台市民としては、出来ればもう少し行きやすい場所で開催してくれたらな・・・。というのが本音です。
栗原市の復興という意味では、良い場所だと思います。
私は、弟におねだりして車で連れて行ってもらいました。
google

Googleマップ

仙台市内から高速道路使用で、片道約1時間。宮城県って広いんです。

ベトナムフェスティバルin東北プログラム

プログラム

会場について、直ぐにプログラムをもらいました!今回の内容は、こんな感じでした☟

プログラム

すみません、小さくてよく見えないですね。詳しくは、こちらをご覧ください。

ステージ

ステージ
写真では良い天気に見えますが、実はこの日『木枯らし1号』が吹いてしまい物凄く寒かったです!!寒い中アイドルの子達が一生懸命歌って踊って、ファンの人達が一生懸命応援していました。
ただ、日本のアイドルグループがほとんどで、「これはベトナムフェスティバルなのか?」という疑問がありました。

パンフレット少しでもベトナムとの関連が出来たら良いなという気持ちから、もらったチラシをベトナムに持ち帰り、チラシ置き場に置いておきました。
寒い中、薄い衣装で本人たちが一生懸命チラシを渡してくれました『ワンダーウィード』さん、ベトナムでも人気が出るよう応援しています。

アオザイ女性たち

アオザイ

ベトナムフェスティバルという事で、アオザイを着て呼び込みをしている女性もいましたが、あまりの寒さに上着を着ていてちょっと残念でした。
10月といえども東北。もう少し暖かい時期に開催した方が、南国ベトナムらしくて良い気もします。

出店の様子

出店の様子は、こんな感じでした↓
ベトナム料理の他、タイ料理や、トルコ料理、インド雑貨のお店なども出ていました。
出店

出店

出店

出店

この日一番人気の『ケバブ』屋さん

ケバブ

ベトナムフェスティバルでは、トルコ人が作る『ケバブ』が一番の人気でした。
ベトナムフェスティバルなのにケバブ!?ってお思いの方もいるかもしれませんが、ベトナム人もケバブが大好きで、ハノイの街中には至る所にケバブの出店が出ています。
余談ですが、この日ケバブを作ってくれたトルコ人の方、日本語がとっても上手で愛嬌があって素敵なおじさまでした。


ベトナムフェスティバル2015イン東北まとめ

私は、代々木公園で行われたベトナムフェスティバルには参加していないので、そちらと比べる事は出来ませんが、印象としては「2016年も開催するならベトナムらしさをもっと出してほしいな!」という事です。
楽しかったですが、インド雑貨や、タイ料理、日本料理、日本のアイドルやマジックショーなど『ベトナムフェスティバル』というよりは、『アジアンフェスティバル』という雰囲気でした。
2015年は、東北で初開催という事でしたので、今年はもっともっとベトナムらしさが出て『東北・宮城県の秋の行事といえばベトナムフェスティバル!』と言われるくらいの大イベントになってくれたら良いなと願っています。

吉澤CEO!今年は東北の宣伝もよろしくお願いしますよ!

ベトナムフェスティバル・ホームページ:http://www.vietnamfes.net/
ベトナムフェスティバル・Facebook:https://www.facebook.com/vietnamfes



にも参加中です!★
にほんブログ村 海外生活ブログ ベトナム情報へ

by
宮城県仙台市出身。ベトナム・ハノイ在住歴3年。 ベトナム在住そして、女性だからこそ書ける記事を提供できるよう日々奔走中。自称ハノイ美容マニア。趣味である各国の「民族衣装」撮影時にベストなコンディションで臨めるよう、日々新しい美容方法を試している。
Translate »